はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する

なまえはる さん

例文課題
おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。

おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。

ぼくのおじいちゃんはさんぽ好きだ。毎日さんぽをしている。ぼくはたまたま今日は早く起きていたのでいっしょに行った。川ぞいをゆっくりさんぽをしていると、おじいちゃんが急におどり始めた。ぼくは話しかけたが、おどっていてきこえていない。すると空からへんな光がおちてきた。よ~く見たら、「うんこだ。」あたりそうになったとき、おどりで
おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。
そして下のおちてきたうんこをみたら、なんとうんこの形をしたいんせきだった。おじいちゃんにあたったらと思うとおそろしかった。けど、なぜおじいちゃんは急におどりだしたのかがぎもんだ。そして次の日、テレビにおじいちゃんがダンスコンテストに出ていてゆうしょうしていたその時、ぎもんがとけてすっきりした。

古家先生の書評

早朝の散歩中に、急に踊り始めるおじいちゃん。
そして踊りを利用して、落下してきたうんこ型隕石を避ける…!
さらにさらに、ダンスコンテストで優勝をかっさらう。
この脈絡のないバカバカしさ、まさにうんこ漢字ドリルの世界観を見事に理解しています!

古家先生の書評

ピンクの鉛筆その他の受賞作品

おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。
なまえ
たいし さん
この作品を読む
おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。
なまえ
こうた さん
この作品を読む
おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。
おじいちゃんは、飛んでくるうんこを軽快な動きでよけた。
なまえ
えり さん
この作品を読む
トップに戻る