はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
学習の悩み2019/06/05 14:15
【連載】気になる!家庭学習#6

小学生の家庭学習 ~親がみるのは何年生まで?勉強する場所は?~

(うんこ先生、高らかに歌いながら登場)
保護者の~♪みなさん~♪ ラララこんにちは~♪
わしは~♪わしは~♪ うんこ先生~じゃ~~~♪

えー、コホン。今回は趣向を変えて、ミュージカル風に自己紹介してみたぞい。びっくりしたかのう?実はわし、自分で言うのもなんじゃが、ものすごくいい声をしているのじゃよ。うんこ学園のカラオケ大会で優勝したこともあるぞい!

さてさて。今回のテーマは「ひとりで勉強するのは何年生から?」と「勉強する場所は?」の2本立てじゃ。

実は今回のアンケートでは「小さいうちは、親がそばにいて勉強をみてあげることが大事」というご意見と「いつまで親がつきっきりで勉強をみてあげる必要があるのかわからない」とのご意見を両方いただいておるのじゃ。まずはそれらの声を具体的に紹介していくぞい。

保護者のかたの声

  • 低学年のうちは、なるべく横について一緒に取り組むのがいいと思います。ひとりにせず側にいて、すぐ疑問に答えたりアドバイスしたりできるようにしています。一人でさせるのはムリがあると思います。
  • 新3年生です。共働きでどうしても時間がとれないので、なるべくひとりでやってほしい。親が見ていなくてもひとりで学習できるのは何年生からなのでしょうか。

ひとりで家庭学習をするのは何年生から?

今回のアンケート結果によると、ひとりで家庭学習をする子どもの割合は

低学年:約20%  中学年:約35%  高学年:約50% じゃったぞ。

低学年・中学年では母親が勉強をみてあげるケースが多く、高学年になるとひとりで勉強するケースが増えてくるようじゃ。

アンケート回答者:うんこ学園保護者
集計期間:2019年 4/4~4/8

アンケートを実施したのが4月初旬であることも踏まえて詳しく見ていくと
4月初旬(進級直後)の時点で、ひとりで家庭学習をする子どもの割合は、

新1・2年生はいずれも約20%
新3年生は少し増えて、約30%

その後じょじょに増えていき、新6年生では約60%になる という結果じゃったぞ。

とはいえ、これはあくまで統計データじゃ。

実際には、それぞれの小学校での指導方針や、お子さんの性格・個性によるところが大きいので、あくまで参考にとどめてほしいのじゃ。

なお、ここからは、実際に「ひとりで家庭学習を始めている(または、始める準備をしている)かた」の声を紹介していくぞい。

共感したら、いいねうんこボタンをドンドン押してほしいのじゃ!

みんなの回答

1年生の時から決まった時間・決まった場所で勉強する習慣をつけてきた。3年生ごろから、親が何も言わなくても自主的に勉強するようになった。やはり小さいうちからの習慣づけが大事だと思う。

コメントアイコンアバター

進級したからといって、親がいきなり手を離すのではなく、少しずつ少しずつ慣らしていくことが大事だと思う。まずは、今まで親がひとりでやっていたまるつけを、親子でいっしょにやるところから始めたい。

コメントアイコンアバター

ひとりで勉強するためには、それなりの準備期間が必要。いきなりうまくいかないのは当たり前。あせらず、怒らず、ゆっくり慣らすつもりです。

コメントアイコンアバター

小3の息子は、ソフトボールチームの先輩(5年生)がひとりで勉強していると聞いて「オレもやってみようかな」と言い出し、実際にやりはじめました!!!私が言ってもぜんぜん聞く耳持たなかったのに!!!!!

コメントアイコンアバター

5年生です。わたし(母親)が、つきっきりで子どもに勉強を教えることはもうありませんが、子どもいわく、ママが料理をしている間に宿題をするのがちょうどいいと主張するので、そうしています。ひとりで勉強している時間も、母親とのつながりを感じていたいタイプなのかも。

コメントアイコンアバター

うちでは3年生の春ごろから、少しずつひとりで勉強するよう促していきました。うちの娘はちょっとボーッとしがちところがあるので、はじめは失敗つづきで、これならいっそのこと私(母親)がつきっきりのほうがラクだと思ったこともありました。

でも、4年生の夏休み明けごろからひとりでできるようになってきて、わが子の成長を感じました。こうやって大人になっていくんだなぁと、嬉しい反面、ちょっぴり寂しい気持ちにもなりました。

ワガママな母親ですね。

コメントアイコンアバター

フムフム。みなさん、ご意見ありがとうなのじゃ!!!

今回のアンケートでは、いきなりひとりで学習をさせるのではなく、少しずつゆっくり手を離していくことが大切とのご意見が多かったぞい。

また、小さい頃からの学習習慣づけが大事との声や、上級生からよい影響を受けたとの声もあったのじゃ。

参考にしてもらえたら嬉しいぞい!


さてさて。続いての話題は「家庭学習をする場所」じゃ。

家庭学習をする場所は、すべての学年で「リビング」が圧倒的トップ!

今回のアンケート結果では、すべての学年で「リビング」が圧倒的にトップじゃったぞ。続いて「ダイニング・食卓」が2位だったのじゃ。

いちおう学年別にくわしく見てみると、学年が上がるにつれ「子ども部屋」の割合が増えていく傾向はあったものの、いかんせん少数派だったのじゃ。結局どの学年でもリビングが圧勝という結果だったぞい。

保護者のかたの声 

  • リビングでやって必ず目の届くところに居させています。
  • 小3と小5の兄弟です。ふたりとも個室があるのにリビングで宿題をします。大人がいる空間のほうが安心するみたいです。
  • うちの息子(小6)は、1年生のときからずっとリビングが勉強部屋です。中2の姉も同じです。
  • すっかり習慣になっているので、今さら変える必要もないかなと思っています。

小学生だけでなく、中学生にもリビングは人気のようじゃ。
わしもリビングで仕事してみようかのう(?)

連載記事

関連記事

トップに戻る