はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する

子どものはじめてのコンタクトレンズ

もんだい4

スポーツをする時、メガネはちょっと不便。どうする?

  • メガネを外してプレーする
  • 強い気持ちでカバーする
  • コンタクトレンズを使ってみる
  • うんこ投げに競技を変える

スポーツをする時にこまったら、コンタクトレンズを使うのもよいぞい!

コンタクトレンズを使用してスポーツを楽しむ子ども

メガネをかけてスポーツをしていると、こまることも多い。

スポーツをがんばっている子どもたち…。なんというきらめきじゃ。それはそうと、スポーツをしているとメガネが不便に感じることがあるのう。サッカーやバスケットボールでは、だれかにぶつかってケガをしてしまったり、ダンスでは、はげしい動きでメガネが落ちてしまったりすることもあるのう。わしも、スポーツをするとあせでメガネがずり落ちてこまることがあるぞい。

はげしいスポーツをする子ども

コンタクトレンズはスポーツにもぴったり

コンタクトレンズにすると、スポーツがうまくなる?

コンタクトレンズは、メガネよりも広いはんいがきれいに見えるのじゃ。スポーツをする時も、まわりがよく見えるようになるのじゃな。思い切り体を動かしても安心じゃ!それに、メガネにはどうしても見えない場所(死角)があるが、コンタクトレンズだとその心配もないのじゃ。なるほど、スポーツをする時にはぴったりじゃのう。コンタクトレンズを使いたい、と思ったらまずはおうちの人に相談してみるのじゃ。

不安なら、1日使い捨てタイプから挑戦してみよう。

そうはいってもコンタクトレンズは目の中にいれて使うものじゃ。正しいお手入れ方法を身につける必要もあるし、不安なのも当然じゃ。もし心配なら1日使い捨てタイプのものからチャレンジしてみるとよいぞい。クラブ活動の時だけ、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使ってみる、というのもありじゃ!それでもまだ不安?それなら、まずはわしがチャレンジしてみるぞい!メガネをかけてウン十年…ついに、コンタクトレンズデビューじゃ!

はじめてのコンタクトレンズに挑戦

コンタクトレンズの実は

コンタクトレンズでバスケのシュートがうまくなる!?

メガネは便利じゃが、人によってものが大きく見えたり、小さく見えたりするぞい。ものや人とのきょりが、思っているより近かったり、遠かったりすることがあるのじゃ。スポーツをする時、ちょっと不便じゃのう。コンタクトレンズにすると、本当のものに近い大きさで見えるようになるから、きょり感もつかみやすくなるぞい。バスケットボールのシュートはきょり感が大事じゃのう。コンタクトレンズにすることでシュートの成功率があがるかも!?じゃのう。

メガネをかけてスポーツをする様

史上初公開!?うんこ先生のコンタクトレンズ姿を予想しよう!

  • メガネをとるときつい目
  • メガネをとるときらきら目
  • メガネをとるとつり目
  • メガネをとるとねぼけた目

はじめてコンタクトレンズをつけるうんこ先生

なかなかコンタクトレンズがはいらんぞい!!

うんこ先生のコンタクトレンズ姿を楽しみに待つ子ども

うんこ先生の素顔、わくわくニャ!

  • おうちの⼈といっしょに⾒てキュー!

    おうちの人といっしょに見るのをすすめるメル助

    スポーツと視力についてもっと知る!

    スポーツでキラリ輝く!子どもの瞳応援部

  • 「⽬」のことをゲームでまなぶ!

    子どもの目やコンタクトレンズについてゲームで学ぶ

(特設サイト・ゲーム)監修 医師 鈴木崇

お願い おうちの人といっしょいっしょに読んでください。 ※コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の指示を受けてお求めください。●装用時間・期間を正しくお守りください。●少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査をお受けください。●取扱方法を守り、正しくご使用ください。●添付文書をよく読み、正しくご使用ください。●眼の検査は必ずお受けください。

Menicon × うんこドリル

子どものはじめてのコンタクトレンズ

もんだい4

スポーツをする時、メガネはちょっと不便。どうする?

  • メガネを外してプレーする
  • 強い気持ちでカバーする
  • コンタクトレンズを使ってみる
  • うんこ投げに競技を変える

スポーツをする時にこまったら、コンタクトレンズを使うのもよいぞい!

コンタクトレンズを使用してスポーツを楽しむ子ども

メガネをかけてスポーツをしていると、こまることも多い。

スポーツをがんばっている子どもたち…。なんというきらめきじゃ。それはそうと、スポーツをしているとメガネが不便に感じることがあるのう。サッカーやバスケットボールでは、だれかにぶつかってケガをしてしまったり、ダンスでは、はげしい動きでメガネが落ちてしまったりすることもあるのう。わしも、スポーツをするとあせでメガネがずり落ちてこまることがあるぞい。

はげしいスポーツをする子ども

コンタクトレンズはスポーツにもぴったり

コンタクトレンズにすると、スポーツがうまくなる?

コンタクトレンズは、メガネよりも広いはんいがきれいに見えるのじゃ。スポーツをする時も、まわりがよく見えるようになるのじゃな。思い切り体を動かしても安心じゃ!それに、メガネにはどうしても見えない場所(死角)があるが、コンタクトレンズだとその心配もないのじゃ。なるほど、スポーツをする時にはぴったりじゃのう。コンタクトレンズを使いたい、と思ったらまずはおうちの人に相談してみるのじゃ。

不安なら、1日使い捨てタイプから挑戦してみよう。

そうはいってもコンタクトレンズは目の中にいれて使うものじゃ。正しいお手入れ方法を身につける必要もあるし、不安なのも当然じゃ。もし心配なら1日使い捨てタイプのものからチャレンジしてみるとよいぞい。クラブ活動の時だけ、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使ってみる、というのもありじゃ!それでもまだ不安?それなら、まずはわしがチャレンジしてみるぞい!メガネをかけてウン十年…ついに、コンタクトレンズデビューじゃ!

はじめてのコンタクトレンズに挑戦

コンタクトレンズでバスケのシュートがうまくなる!?

メガネは便利じゃが、人によってものが大きく見えたり、小さく見えたりするぞい。ものや人とのきょりが、思っているより近かったり、遠かったりすることがあるのじゃ。スポーツをする時、ちょっと不便じゃのう。

コンタクトレンズにすると、本当のものに近い大きさで見えるようになるから、きょり感もつかみやすくなるぞい。バスケットボールのシュートはきょり感が大事じゃのう。コンタクトレンズにすることでシュートの成功率があがるかも!?じゃのう。

メガネをかけてスポーツをする様

史上初公開!?うんこ先生のコンタクトレンズ姿を予想しよう!

  • メガネをとるときつい目
  • メガネをとるときらきら目
  • メガネをとるとつり目
  • メガネをとるとねぼけた目

はじめてコンタクトレンズをつけるうんこ先生

なかなかコンタクトレンズがはいらんぞい!!

うんこ先生のコンタクトレンズ姿を楽しみに待つ子ども

うんこ先生の素顔、わくわくニャ!

  • おうちの⼈といっしょに⾒てキュー!

    おうちの人といっしょに見るのをすすめるメル助

    スポーツと視力についてもっと知る!

    スポーツでキラリ輝く!子どもの瞳応援部

  • 「⽬」のことをゲームでまなぶ!

    子どもの目やコンタクトレンズについてゲームで学ぶ

(特設サイト・ゲーム)監修 医師 鈴木崇

お願い おうちの人といっしょいっしょに読んでください。 ※コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の指示を受けてお求めください。●装用時間・期間を正しくお守りください。●少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査をお受けください。●取扱方法を守り、正しくご使用ください。●添付文書をよく読み、正しくご使用ください。●眼の検査は必ずお受けください。

Menicon × うんこドリル

トップに戻る