はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
学習の悩み2019/07/05 12:00
【連載】水泳の授業#3

水泳の授業を楽しく! ~水泳の授業を楽しむコツ!~

保護者のみなさん、こんにちは。うんこ先生じゃ。

昨晩、うんこ学園の仲間たちといっしょに、いま話題のナイトプールに行ってきたぞい! プールは綺麗だったし、キラキラのライトアップもされていたし、と~ってもインスタ映えするオシャレな空間だったのじゃ!
し・・・しかし、仲間と遊ぶのが楽しすぎて・・・! ついうっかり、写真を撮るのを忘れてしまったのじゃ!ウムム、次回こそは忘れぬようにするぞい!

※編集部注:うんこ先生の公式インスタグラムはコチラです。 いずれ本当にナイトプールの写真がアップされるかもしれません(?)


えー、さてさて。
今回も「水泳の授業」をテーマにした記事をお届けしていくぞい! 

(アンケート回答者:うんこ学園・小1~6保護者174名/集計期間:2019年6月10日~6月17日)   

「水泳の授業がとても/まあ好きな子」は合計約77%

「とても/まあ好き」と答えたかたの声

  • スイミングに通っていて、自分が泳げるから好きみたいです。 
  • 保育園の時から水遊びが好きで、スイミングスクールにも行っているので水泳は得意。学校で水泳がある日はウキウキしてテンションが高いです。 
  • まだ低学年ということもあり、宝さがしや鬼ごっこ、自由時間など遊びの要素があるので楽しいようです。 
  • 水が冷たくて気持ちがいいと言っています。 
  • 教室にエアコンがなく暑いため。プールは涼しいから気持ちがいいと言っています。

水泳の授業が「とても/まあ好き」の理由としては

  • スイミングスクールに行っていて、泳ぎが得意だから
  • 遊びの要素があって楽しいから
  • 冷たさ・涼しさが気持ちいいから 

↑おおむねこの3つが多かったぞい。なお、今回のアンケートでは「現在、スイミングスクールに行っている」というかたは約33%。およそ3人に1人という割合じゃったぞい。



また、これらの理由のほか「顔を水につけることができるようになってからは、水泳が楽しくなったみたい。学校でゴーグル着用OKというのも大きいと思います」
との声もあったのじゃ(※注:ゴーグルについてはそれぞれの学校によってルールが異なります)。 

「あまり/まったく好きではない」と答えたかたの声

  •  水が顔につくのがまだ嫌で、怖がりだから。 
  • プール自体は嫌いではないようですが、あまり泳げないのでイヤだと言っています。
  •  屋上に日陰がないためかなり暑いです。 
  • 更衣室が汚くて嫌がっています。
  • 学校のプールは屋上にあり、虫が浮いていたりするのが気持ち悪くてダメみたい。スイミングスクールは大好きなんですが… 
  • シャワーの水が冷たいのがいやだと言っています。
  •  学校のプールは屋外なので寒い(水が冷たい)とのこと。水泳自体は嫌いではないが、寒くて泳ぐどころではないらしいです。 

水泳の授業が「あまり/まったく好きではない」の理由としては 

  • 水が顔につくのがイヤ/泳ぎがニガテ 
  • プールの設備への不満がある 
  • (天候が)寒い

 ↑おおむねこの3つが多かったぞい。そのほか「スイミングスクールで習った泳法を学校ではやらせてもらえず、物足りない」とのご意見もあったのじゃ。 

水泳の授業を楽しむコツ

さて、ここまでは水泳の授業が好きなかた・好きではないかたの割合と、その理由を見てきたぞい。 ここからは、水泳の授業を楽しむコツについて、保護者のかたから寄せられたご意見を紹介していくぞい。 

「なるほど!」「参考になった!」と思ったら、ぜひ「いいねうんこボタン」を押してほしいのじゃ!ボタンはいくつでも押せるぞい!

みんなの回答

鼻に水が入ると痛いので、水中では鼻から息を出すように教えました。

コメントアイコンアバター

遊びとして休みの日にプールに連れて行き、水遊びを楽しませるようにしています。

コメントアイコンアバター

保護者も一緒にプールに行くと泳ぐ意欲が湧いてくるようです。

コメントアイコンアバター

水着、タオル、バッグなどを好きなキャラクターや好きなデザインのグッズにしてテンションを上げています。

コメントアイコンアバター

水着やゴーグルを本人の好みのものにして気分を上向きにしています。

コメントアイコンアバター

家のお風呂で小さい頃からボールで遊んだり、お湯をかけあったり顔をつけてみせたり、水に慣れるよう、怖がらないようにしていました。

コメントアイコンアバター

ふだんからゴーグルをつけてお風呂に入っています。

コメントアイコンアバター

お風呂で、鼻から息を出しながら顔をつければ、鼻に水が入ってこないよ!と話してやって見せたり、一緒にやったりしました。

コメントアイコンアバター

「〇〇〇(※編集部注:男の子のシンボル部分)が見えないようにおうちでお着替えの練習!」といって、お風呂上がりにお着替えの練習をしてます。見えちゃったらプールに入るのがいやになっちゃうから。

コメントアイコンアバター

今回もたくさんのご意見、ありがとうなのじゃ! 

多かったご意見をまとめると

  • 休みの日に、親子でプールに行って遊ぶ! 
  • 好みのプールグッズで気分を上向きにする! 
  • お風呂の時間を有効活用する! 

↑おおむねこの3つが多かったぞい!
もちろん「水泳の授業が好きではない理由」のなかには、そもそも解決できないもの(プールの設備への不満や天候の問題など)があるのも事実じゃ。また、どうしても水泳への苦手意識がぬぐえない場合だってあると思うのじゃ。 

しかし、ほんの少しだけ、ものの見方や考えかたを変えるだけで、気持ちがラクになることはきっとあると思うぞい! 

保護者のかたの声

  • うちの娘は、運動神経がわるくて水泳の授業が憂鬱だと言っていたのですが、おばあちゃんが「うまく泳げんでもええ。水の中で適当に体を動かすだけでも、健康にぼっけえ(=すごく)いいんじゃけえ」と言っているのを聞いて以来、水泳の授業に対して前向きな気持ちになったように思います。 
  • 他の事と比べずに、本人が出来るようになったことを褒めるようにしています。水泳は私も苦手だけど、マイナスイメージを与える発言をしないことが大切だと思います。 

わしもこれらの意見に賛成じゃ。たとえ水泳がニガテでも、プールの設備や天候がイマイチでも、まずはとにかく子ども本人が「楽しむ気持ち」になれるよう、まわりの大人がポジティブな発言をしていくことが大切だと思うぞい!

次回予告

次回からは「夏休み」についての記事をお届けするぞい! ぜひ楽しみにしていてほしいのじゃ~!

連載記事

関連記事

トップに戻る