はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
学習の悩み2019/05/07 17:00
【連載】家庭学習#3

気になる!家庭学習 ~集中して短時間で取り組むには?~

保護者のみなさん、こんにちは。うんこ先生じゃ。

いよいよ「令和」が始まったのう。
みなさんは、平成最後の1日と、令和最初の1日をどんなふうに過ごされたじゃろうか?
わしは、うんこさんすう先生たちと一緒に、うんこドリル編集部のオフィスを借りて、
年号またぎ☆カウントダうんこパーティーをしておったぞ。

「年号またぎ☆カウントダうんこパーティー」とは、平成最後の夜11時55分から、参加者全員がそれぞれ個室トイレに入り、令和へのカウントダウンをしつつ、平成から令和にかわる瞬間に、みんなでいっせいにうんこを出すイベントじゃ。

とても楽しかったのじゃ!仲間との一体感・・・!そして爽快感・・・!
平成最後と令和最初の1日を、みんなで仲良くスッキリした気持ちで過ごせて、最高だったぞい!

(編集部コメント: うんこ先生たちから編集部オフィスの使用許可願いの書類が出されたときは、いったい何をやるつもりなのかと不思議に思っていましたが、そういうことだったんですね・・・楽しかったようで何よりです。)


さてさて。今回は、家庭学習に

「集中して短時間で取り組むコツ」 

をテーマにお届けするぞい。

前回の記事では、
「ダラダラ長く勉強するのは望ましくないので、集中力をつけて短時間で取り組んでほしい。また、気分のムラに左右されずコンスタントに学習を続けてほしい」
というご意見が多かったのじゃ。

そのほか「共働きなので、あまり子どもの家庭学習に時間をかけられない」との声もかなり多かったぞい。

そこで今回は、家庭学習を「集中して短時間で取り組むコツ」にテーマを絞ってお届けするぞ。

今回も、うんこ学園保護者のかたから寄せられた声をドンドン紹介していくぞい。

  • 集中力を高めるには、ストップウォッチが効果的!
  • 宿題に時間がかかり過ぎなので、ストップウォッチで制限時間を決めたら、時間内で解けるようになった。
  • 時間をはかってどれだけ早く終わるかストップウォッチではかったら、集中してやってくれました。
  • ストップウォッチがオススメです。ゲーム感覚が楽しいみたいです。

最も多かったのは「ストップウォッチを活用する」とのご意見じゃったぞ。

たしかに、制限時間を決めることや、タイムアタック方式にすることは、集中力を高めるのに有効といえそうじゃ。ストップウォッチがない場合は、スマートフォンで代用してもよいと思うぞい!

ところで、そもそも子どもがなかなか学習を始めない場合はどうすればいいのじゃろうか?

下の回答に共感したら、いいねうんこボタンをドンドン押してほしいのじゃ!

みんなの回答

わが家の場合、まず親(わたし)が勉強を始めます。親が漢字検定の勉強をしたり、読書をしたりする様子を見て、子どももやる気になってくれます。

コメントアイコンアバター

勉強タイムになったら、自動的にスマホのアラーム(学校のチャイムのような音)が鳴るように設定している。親があれこれ言うよりも効果がある。

コメントアイコンアバター

学習を始める前に、親子でラジオ体操をします。夫の職場では始業前にラジオ体操をしていると聞き、もしかしたら子どもの家庭学習にも効くかもと思いマネしてみました。気分が切り替わるのか、すんなり学習を始めてくれます。けっこうオススメですよ。

コメントアイコンアバター

うちでは勉強の前に、音楽を1曲流します。なるべく明るく前向きな曲を選ぶのがコツ。うちの娘は、音楽を聴き終わると「勉強タイムスタート!」と言いながらノリノリで勉強を始めます。

コメントアイコンアバター

フムフム。子どもがなかなか学習を始めないときは、叱ったり怒ったりするよりも「あえてひと手間かけて子どもの気分を高める」ことがかえって近道のようじゃ

ラジオ体操や、音楽を活用するというご意見にはビックリしたのじゃが、よくよく考えてみると、いわゆるトップアスリートの人たちも、大事な試合の前には軽い運動やストレッチをしたり、好きな音楽を聴いたりして集中力を高めておるのう。たしかに、理にかなっておるのじゃ。

それにしても、ご家庭によってやり方は色々あるのう。
子どもの個性は千差万別なので、どの方法が合っているのかは、実際にやってみなければわからぬものじゃ。

とはいえ、ここでご紹介した方法は、いずれもお金をかけずにできることばかりなので、とりあえずぜんぶ試してみるのもアリかもしれぬぞ。

連載記事

関連記事

トップに戻る