はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
生活の悩み2019/09/11 10:00
【連載】子どもの習い事 いつから?費用は?#2

子どもの習い事に関するホンネ② ~仕方ないけど費用が負担!~

保護者のみなさん、こんにちは。うんこ先生じゃ。

わしは、前回話題にしていた「うんこ乗馬」の体験教室に行ってきたぞい!
そうしたら、わしは初乗馬なのに、お馬さんが過去最高回数・過去最大サイズのうんこをしたらしく、しかも芸術点(?)が5億点もついて、いつのまにか日本記録を出していたようなのじゃ。
ウムム!わしにこんな才能があったとは・・・!驚きなのじゃ!!!

それはさておき・・・!
今回もひきつづき「子どもの習い事に関するホンネ」をテーマにお届けするぞい!
(アンケート回答者:うんこ学園・0才~小6の保護者302名/集計期間:2019年8月5日~8月6日)

子どもの習い事について、半数以上の保護者が負担を感じている

 「お子さまの習い事について、保護者のかたが負担に感じていることはありますか」という質問に対しては、半数以上の保護者が「とてもある/まあある」という回答だったのじゃ。
前回の調査では、約20%のかたが「習い事に通っていない」という回答だったこととあわせて考えると、実際には半数以上どころか、もっと多い数字になりそうじゃのう。

具体的な理由は色々あったのじゃが、とくに目立ったのは「費用」「送迎・時間のやりくり」の2つだったぞい。
今回は「費用」について詳しく紹介していこうかのう(「送迎・時間のやりくり」は次回の記事で紹介するぞい)。

まずは、このデータ(↓)を見てほしいのじゃ。

子ども1人の習い事にかかる費用は、 1か月あたり5,001~10,000円が最も多い

「『小6まで』かつ『いちばん年上』のお子さま1名について、習い事にかかる費用の合計(1か月あたり)を教えてください」という質問に対しては「5,001円~10,000円」との回答が最も多かったぞい。
ただし、この回答がズバ抜けて多いわけではなく「5000円以内」から「2万円以内」まで、かなり広い範囲に回答がばらけておったのじゃ。

当然ながら習い事の数や、月謝の金額は人によってバラバラなので、かかる金額もバラバラというわけじゃ。
ちなみに、今回のアンケートでの最高金額は6万円(バレエ、プール、そろばん、バイオリン、通信教育の合計金額)だったぞい。

子どもの習い事費用に関する声

子どもの習い事の費用に関しては、さまざまな声があったぞい。

保護者のかたの声

  • 個人でやっている先生なので、ほかの教室に比べて安いと思う。(小4)
  • 費用対効果に納得している。満足している習い事の回数はもっと増やしてもよいと思っている。(3~4才) 
  • 子供のやりたいこと、子供にならせたいことで、お金で負担と感じていたら、やりたいことも満足に出来ないから。他をやりくりすればいいだけ。(3~4才)

 このように(↑)習い事の費用への不満は感じていないという声がある一方で、これらのご意見とは逆の声も多くあったのじゃ(もちろん、どちらが正しいとか正しくないとか、そういうことではないぞい)。

ここからは「子どもの習い事費用を負担に感じている」という声をいくつか紹介していくぞい。
 「共感した!」「わかる!」と思ったら、ぜひうんこボタンを押してほしいのじゃ! ボタンはいくつでも押せるぞい!

みんなの回答

お月謝が兄弟分重なると負担。(1年生)

コメントアイコンアバター

月謝を年間で計算したら大きいです。(3年生)

コメントアイコンアバター

金額が高くていくつも習わせることが出来ない。何が向いているか、何を習わせるかで悩む。(3~4才)

コメントアイコンアバター

(ピアノで)楽譜やテキスト代が別料金かかる。(小4)

コメントアイコンアバター

上達しないのに月謝だけ払い続けるのは正直疑問に思うこともあります。(小2)

コメントアイコンアバター

下の子が双子で経済的に苦しく、上の子に十分な習い事をさせてあげられず申し訳ないです。(小1)

コメントアイコンアバター

発表会のたびに何万円もかかる。衣装代もすべて保護者が負担。子どもの晴れ舞台だから仕方ないですが・・・(小4)

コメントアイコンアバター

子どもが楽しんでいるので、習い事は続けてほしい。でもできればもっと安いとありがたい。(小2)

コメントアイコンアバター

みなさん、たくさんのご意見、ありがとうなのじゃ!
ここからは、習い事の費用の考えかたに関して、参考になりそうな声を紹介していくぞい! 

保護者のかたの声

  • あまり向いてないと感じる習い事は、とりあえず1か月だけお休みしてみてはどうでしょうか。子どもがまた行きたがるなら続ければいいし、そうでなければ潔くやめる。ダラダラ続けてもお金と時間がもったいないだけ。(6年生)
  • 自治体がやっている子ども向け講座は、比較的安いものが多いです。(3~4才)
  • 習い事の数を減らして、そのぶん、ほかの習い事の自主練習の時間を増やす。(4年生) 

フムフム。いろいろなご意見があるのう!
みなさん、たくさんのご意見、ありがとうなのじゃ!
ぜひ参考にしてもらえると嬉しいぞい! 

子どもの習い事#3では「子どもの習い事の送迎と、時間のやりくりに関するホンネ」をテーマにお届けしているぞい! ぜひ読んでほしいのじゃ~!

連載記事

関連記事

トップに戻る