はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
生活の悩み2019/08/29 10:00
【連載】どう育てる?子どもの自己肯定感#2

低い?高い?自己肯定感 ~子どもたち自身はどう感じている?~

保護者のみなさん、こんにちは。うんこ先生じゃ。

昨日、わしは「うんこ刑事(デカ)THE・MOVIE」の続編である「うんこ刑事(デカ)THE・MOVIE2~怪盗ウンコーヌを逮捕せよ~」を観たぞい。
うんこ刑事が、フランスのパリで怪盗ウンコーヌと対決するのじゃ。
前作よりも手ごわい敵が相手でも、決してあきらめないうんこ刑事・・・!!かっこよすぎるのじゃ!うんこ刑事のあきらめない心を、わしも見習うぞい!!!


さてさて、それはさておき・・・
今回も引き続き「どう育てる?子どもの自己肯定感」をテーマにお届けするぞい!
(※編集部注:「自己肯定感」とは、かんたんに言うと「自分自身は大切な存在だと感じる心の感覚」のことです) 

前回の記事では、ほぼ100%の保護者のかたが「子どもの自己肯定感を育むことは大切」と考えていることがわかったぞい。 

今回の記事では、子ども本人たちの、自己肯定感の実態について紹介していくぞい!
(アンケート回答者:うんこ学園・0才~6才(小学校入学前)の保護者300名/集計期間:2019年8月2日~8月4日)

 自分自身が好きである子どもの割合は、94.0% 

「お子さまは、自分で自分のことが好きだと思いますか」という質問に対しては、94.0%の保護者のかたが「とても/まあそう思う」と回答されたぞい。
うんこ学園では、ほとんどの子どもが、自分で自分のことが好きであるといえるようじゃ。
おぉ~!なんとなくうれしい結果じゃのう!! 

ちなみに「とてもそう思う(=とても好きだと思う)」という回答に限って見てみると、未就学児や、小学校低学年のかたが多かったぞい!

保護者のかたの声

  • まだ小さいからよくわかりませんが、毎日楽しそうなので、自分で自分のことは好きなんだと思います。(3~4才)
  • 鏡にうつる自分を見て「かわいい」とニコニコしています。思春期以降はどうなるかわかりませんが、今はこれでいいと思って見守っています。(小1) 
  • いろいろなことに挑戦したい、やってみたいという意欲がとてもあります。(小2)

ネガティブな発言をすることがある子どもの割合は、81.3% 

「お子さまは『どうせできない』『自分はダメな子だ』などの、ネガティブな発言をすることがありますか」という質問に対しては、42.0%の保護者のかたが「とても/まあある」と回答されたぞい。

 「あまりない」という回答も含めると、81.3%の子どもが、自分自身についてネガティブな発言をすることがあるようじゃ。

ちなみに、学齢が上がれば上がるほど「(ネガティブな発言が)とても/まあある」という回答の割合が増えておったぞい。これはまあ、発達段階などを考えると妥当な結果といえそうじゃ。 

ちなみに「(ネガティブな発言が)とてもある」に限定してデータを見てみると、学齢の偏りがあまりなかったぞい。ここに関しては学齢ではなく、個人の性格によるところが大きいのかもしれぬのう。 

保護者のかたの声

  •  折り紙などを「やってみたら?」と言ってもすぐに「ムリ!」「できない!」と言う。(小3)
  • やる前からあきらめることが多いので、親としては少しもどかしく感じます。(小4)
  • 「俺はどうせバカだから、やっても意味ない」と言って、自主学習をやろうとしない。(小6)

フムフム。これらの声は、自己肯定感というよりは「自己効力感」に関するもののようじゃな。
(編集部注:自己効力感とは、かんたんに言えば「自分はやればできる子だと感じる心の感覚」のことです。なお、自己肯定感は「自分自身は大切な存在だと感じる心の感覚」のことです。)

わしは、子どもがネガティブな発言をすることや、なにかをやる前からあきらめることは、必ずしも悪いことばかりではないと思っておる。慎重かつ冷静な判断や、危険回避につながるケースもあるからじゃ。

しかし・・・しかしじゃよ?
それが度を超してしまうと、可能性の芽を自ら摘んでしまうことになるので、それはさすがにもったいないと思っておるのじゃよ。 

今回のまとめ

  1. うんこ学園では、94.0%の子どもが、自分で自分のことを好きだと思っている(とくに未就学児や小学校低学年ではその気持ちが強い)
  2. ただし、81.3%の子どもが、自分自身についてネガティブな発言をすることがある(学年があがるほどその傾向が強くなる)

次回予告

どう育てる?子どもの自己肯定感#3 ではをテーマにお届けしているぞい!
ぜひ読んでほしいのじゃ~!

連載記事

関連記事

トップに戻る