はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
生活の悩み2019/05/22 11:45

【生活習慣】お子さまの早寝早起きの工夫大公開!

今年のGWは10連休でした! 「長いお休みでなんだか調子が狂っちゃった」というおうちのかたの声もけっこう聞こえてきます。

子どもたちにとっても、新学期スタートからせっかくできかけた生活サイクルが崩れ、元に戻すのがたいへん……なんとなく学校に行きたくない……など、ちょっと気が抜けてしまうお休みだったかもしれませんね。

毎日朝早く起きたり、きちんと家庭学習したりするのはたいへんな面もある一方、規則正しい生活サイクルを作ってしまったほうが、案外体も心もラクだったりします。

そして今回は、生活サイクルの基本となる、お子さまの起床・就寝についてうかがいました。

子どもの起床・就寝時間、いちばん多いのはどの時間帯?

就学前と小学生の子どもをお持ちの保護者のみなさんに回答いただきました。
さっそく結果を見ていきましょう。

まず、起床時間を見てみると、6時〜7時の時間帯に起きる子が全体の約7割を占め、8割の子が7時までには起きているという集計結果になりました。

通園通学の事情もあるのだと思いますが、子どもたち、ちゃんと早起きができているようで素晴らしいですね!

では、就寝時間はどうでしょう?

ダントツに多かったのが夜9時から9時半に寝る子で、全体の3割超。

9割弱が遅くとも10時までに寝ているようですが、夜10時以降に寝る子も約6%ほどいる、という結果となりました。

朝、どんなふうに起きている?

ところで、寝起きのいい子もいる一方で、「朝、子供を起こすのが一苦労です」というお悩みの声もよく聞かれます。

そこで、お子さんがどんなふうに起きているかも聞いてみました。

やはり、まだ、誰かに起こしてもらっている子が多いようですが、目覚まし時計で自分から起きられる子も、学年にかかわらず予想以上にたくさんいました。

ただ、なかなか起きられない子も約16%いますので、苦労しているおうちもかなりあるようですね。

早寝早起きのためのみんなの工夫、一挙公開!

今回のアンケートの結果を見る限り、多くのご家庭では、お子様の早寝早起きができているようです。

これは、ふだんから子どもの生活リズムをしっかり作ってあげているおうちのかたの努力のたまものなのではないでしょうか。

一方でなかなか起きられない・就寝時間が遅くなるという声も多くありましたので、各ご家庭で早寝早起きのためにしている工夫を伺いました。

「いいな!」と思うアイディアには、ぜひ「いいねうんこ」のプッシュを!(いくつでも押せます)。

みんなの回答

【まずは起床の工夫です】

入園時にちょっといい目覚まし時計を買って「明日からおにいちゃんだから自分で起きるんだよ」と言ったら起きられるようになりました

コメントアイコンアバター

好きな朝ごはんを準備する約束をして寝る

コメントアイコンアバター

起きたらギューっとハグをして抱き上げる

コメントアイコンアバター

楽しく歌を歌いながら近づいてなるべく優しく起こしています

コメントアイコンアバター

起きないときは、今日のおやつを教えたり、「お友達と遊べるよ!」と楽しい予定を伝える

コメントアイコンアバター

旅行先で買った、お気に入りのSLの音が出る目覚まし時計で起きています

コメントアイコンアバター

自分から起きてこれたら、朝食にデザートがつくシステム

コメントアイコンアバター

きょうだいが3人いるので、「今起きたら1番だね。かっこいいね!」と言うとみんな急いで起きます

コメントアイコンアバター

昼寝をさせない。そのためにコミュニケーションをよくとる

コメントアイコンアバター

新1年生なので、「小学生は大変ですね~」とねぎらってあげると、朝、張り切ってひとりで起きる時もあります。

コメントアイコンアバター

【ここからは就寝の工夫です】

早く寝るためになるべく早く風呂に入れる

コメントアイコンアバター

寝る前にテレビやスマホを見せない

コメントアイコンアバター

その日あった楽しいことを話しながら寝る

コメントアイコンアバター

親が先に寝たフリをします

コメントアイコンアバター

明日の楽しいことを話したり、「早く寝たら大きくなれるよ」と言って寝かせています

コメントアイコンアバター

お風呂上がりに一緒に柔軟体操をしています

コメントアイコンアバター

くすぐり倒して疲れさせる。笑いながら寝てくれます

コメントアイコンアバター

絵本の読み聞かせ

コメントアイコンアバター

528hrzの音楽を聴くとだいたい寝てくれます

コメントアイコンアバター

今日あった楽しかったことを3つ、大変だったことを3つ話をして、終わったらもうおしゃべりしないよ、とメリハリをつけて静かにさせています

コメントアイコンアバター

布団に入るのが楽しみになるように一緒にゲームを1回する

コメントアイコンアバター

親も一緒に寝る事に決めた。他のご家庭より早寝早起きで、毎日の生活のリズムがスムーズに運んでいます

コメントアイコンアバター

起床の回答で多かったのは、

「カーテンを開けて部屋を明るくする」「好きなキャラクターなど、お気に入りの目覚まし時計を自分でかけさせる」「朝食に好きなものを用意する」など。

絵本や好きなアニメ、朝ゲームや、楽しい予定を伝えるのも効果がありそうです♪

就寝の回答で多かったのは、

「昼間めいっぱい体を動かして疲れさせる」「部屋の電気をだんだん暗くする」などがテッパンのよう。食事やお風呂が遅くならないように気をつけ、早めにパジャマに着替えて歯磨きをするなど、寝る前の準備を習慣づけているおうちも多いようです。

回答の中にある「528hrzの音楽」とは、「ソルフェジオ周波数」といって、自律神経を整えたり、心や体をいやす効果があるといわれています。自然の音を聞くのと似た効果があるのかもしれませんね。

関連記事

トップに戻る