はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るにはログインするのじゃ!

にゅうがくはこちら
はやくにゅうがくしてほしいのじゃ

このページを見るには
お子様の登録が必要なのじゃ!

お子様を登録する
教育情報2019/04/26 19:00
【連載】2020年 教育改革#1

小学校の新学習指導要領 改訂点のどこまで知ってる?何をはじめてる?

いよいよ大きく変わるといわれている教育改革が2020年から本格的にスタートします!

小学校で改訂される学習指導要領について『うんこ学園』のママ・パパに聞いてみました。「みんなどこまで情報を知っているの?」「ほかの人たちは何か対策を始めているの?」などどのくらい新学習指導要領について知っているのか、またそれに向けて対策・準備していることがあるのかをリサーチ!

「新学習指導要領の改訂」を知っていたのは7割強。主な情報源はニュースなどのマスメディア

新学習指導要領が改訂されることを知っているのは7割強。まだまだ3割弱のかたが学習指導要領が改訂されることを知りませんでした。移行措置がはじまり、すでに導入されている地域もあることから認知度が高くなってきましたね。

「新学習指導要領」をどうやって知ったのか聞いてみると、

  1. 「ニュースや新聞、雑誌などのマスメディア」

なんと全体の74%!戦後もっとも大きな改訂といわれているだけあり、マスメディアでの取り扱いも多く、興味をもって保護者のかたもみられていたのではないでしょうか?

次いで、以下のグラフのような結果でした。

その他、購読している通信教育の情報誌や、ご自身が教員をやっているという人もいました。

これからマスメディアや学校での放送や共有も増えていくと考えられ、ママ友での会話にも入ってくる機会も多そうですね。

前回の沼田先生(ぬまっち)も焦ることはないというお話でしたが、この「うんこ学園 ほごしゃ会」もお役立ていただけるよう、できるだけフレッシュで濃厚な情報をお届けしていきたいと思います!

新学習指導要領の目玉である「プログラミング」が改訂内容の認知度トップ!

つづいて新学習指導要領で何が変わるのか項目ごとにうかがってみました!

上位4つは、約半数の人が「知っている」と回答。「プログラミング」「国語・算数の記述式」「英語」が変わるということの認知度はとくに高いよう。

実際に、当ほごしゃ会の記事「【習い事】これから習わせたい習い事は?」(習い事記事をみる)のランキングでも、「英会話」が2位、「塾・学習教室」が3位、「プログラミング」は5位と、上位にランクイン。このことからも、注目度の高さがうかがえます。

この教育改革にともない、実際にママ・パパたちが準備していることを一部ご紹介します。共感・参考になる意見があればぜひ「いいねうんこ」を教えてください(いくつでも押せます♪)

みんなの回答

NHKなどの英語の番組を見るようになった


コメントアイコンアバター

英語教育のある幼稚園に通わせました


コメントアイコンアバター

お風呂やゴハンの時間に、英語の歌をYouTubeで聞かせています。プログラミングは、レゴブーストを購入したり、レゴランドのプログラミング教室などイベントに参加したりしています。2週間に一度は図書館に行き、毎日なるべく本の読み聞かせをしています


コメントアイコンアバター

自分で考えて説明する力をつけるような声掛けをする。ロボットなどの技術に触れる機会を作る


コメントアイコンアバター

国語や算数の問題集は記述式や文章題を買うようにしている。英語の塾に通っている


コメントアイコンアバター

今年から書くことに特化した通信教育を始める予定です


コメントアイコンアバター

プログラミングの無料講習に行かせたりしている


コメントアイコンアバター

学ぶことが多くなる分、今までより予習復習をしっかりしようと考えています


コメントアイコンアバター

通っている小学校が早めの対策をしてくださっているのでお任せしています


コメントアイコンアバター

英語と算数の負担を減らせるように、先取り学習をしています

コメントアイコンアバター

何かしら準備や対策をしている人は半数以下でした。なかには、「特になし。我が子の得意を伸ばす育て方をしたい」、「成長に伴って考えていきたい」というコメントも。

早いうちから準備をしておくに越したことはありませんが、何もやっていないからと言って不安になる必要もありません。

以前の記事で沼田先生(ぬまっち)も言っていたように、英語はあくまでも今のうちから慣れておくことが目的のひとつですし、プログラミングは成績がつくわけではなく問題解決のプロセスを考える習慣をつけることが目的。

子どもたちが自ら楽しんで学びたい、やりたい、と思える環境をつくってあげたいですね!

「うんこ学園」でも、子どもたちが「楽しい!」「もっとやりたい!」と思えるしかけをこれからどんどんつくっていきますよ!

連載記事

関連記事

トップに戻る